創史

スーパーでバイトしてたころ、意味不明なことでいちゃもんつけてくる
有名なおばちゃんがいて、運悪く自分のレジでおばちゃんが暴走した。

何でこの肉半額ちゃうのよ!とか何とか怒鳴られて、アルバイトだし、
お店に迷惑かかるからすみませんしか言えなかった。


そしたら後ろに並んでた肩に刺青入ったスキンヘッドの兄ちゃんが

「おいババァ、ネェちゃん困ってるやろが……いね、迷惑じゃ」

とめちゃすごい形相でおばちゃんを睨んだ。

おばちゃんは無言で立ち去り、そのスキンの兄ちゃんが
「ネェちゃん悪いことしてへんのやから気にしぃなや」と爽やかに微笑んで去っていった。
お礼を言えなかったのが残念だ。

ちなみに買ってったものはイチゴのつぶつぶポッキーだった。

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30